通信制高校(秋田県)

秋田県での通信制高校選びのポイント

秋田県には、高校が62校あるのですが、その中で、通信制の高校として、公立、私立をあわせると二つの学校があります。
秋田県の傾向を見てみると実は過去に高校中退者が1年間に400人を超えた年がありました。
高校在籍者が占める中退率を計算すると13パーセントということになります。
秋田県内の公立高校の中退者の数は323人で、定時制高校でも中退者が56人出ています。
なぜ公立高校で秋田県の学生が中退したのか、その理由は進路変更というのが一番多く、他には学校生活に合わない、学業が合わないといった理由が多いです。

では秋田県で中退をして進路変更をした生徒はどうしたのかというと、全日制の学校では再受験をしていますし、定時制の場合には就職をしています。

このようなことから、秋田県は全国で見ても高校の中退者数は比較的少なく不登校の人も少ないというのが現状ではありますが、それでも、何らかの事情で通信制高校を選ぶ人もいます。

通信制高校は学費が安いというのも選ぶ理由になる人もいるでしょう。
秋田県内には2つ通信制高校がありますから、中退者の中には、再受験の対象として視野に入れている人もいるでしょう。

秋田県は全国学力テストでも優秀な成績を収めている県です。


秋田県での通信制高校は就職に不利? 


「何故、通信制を選択したんですか?」

秋田県でも通信制高校を卒業して、就職活動をした際に必ず問われると思います。
質問を受けて、企業側を納得させられるだけの理由があるなら、有利・不利は関係ないでしょう。

何故かというと、採用する側にとって必要なのは「最終学歴」だからです。
もしも通信制の高校から専門学校や短大に進学し卒業した場合には、最終学歴が専門卒・短大卒になりますので、通信制高校を卒業しているかどうかは関係ありませんよね。

通信制高校に通うための明確な理由があれば、就職に不利という事はありませんので、自身を持ちましょう!


秋田県だけではなく色んな通信制高校を見てみましょう


通信制高校を選ぶ前には資料請求をしましょう。秋田県以外にも日本には様々な通信制高校があります。

「あ、この高校はきれいだ!」と思って、即決で決めてしまってはいかがなものかと思います。
通信制高校を探している人は「見た目の綺麗さ」に惹かれがちですが、通信制高校に一度通うと、「時間」「その後の人生」に大きな影響を及ぼします。

なので、通信制高校を選ぶ時には事前にチェックする事が必須なんです。

人生の一瞬の時間だと割り切ってしまえば問題ありませんが、思春期の時間というのは何物にも変えがたい財産です。
気になる通信制高校が見つかったら、とりあえず資料請求してみましょう。インターネットなら、ネット上で簡単に通信制高校の資料が無料で取り寄せること出来ます。

実際に資料請求してみたら思っていたのと全然違ってた・・・なーんてこともありますよ。


自分に合った秋田県の通信制高校を選ぶために…


これらが通信制高校を選ぶ上で重要なこととなります。
先に述べましたことを以下にまとめますね。


失敗しない通信制高校を選ぶためのポイント まとめ
・全国の通信制高校を見てみること
・見た目だけで判断しないこと
・気になる通信制高校はすぐに資料を取り寄せること


・・・というわけで、通信制高校を選ぶためのポイントを解説してきましたが、「ただ解説するだけでは便利なサイトとは言えないのではないか?」と思います。
そこで、あなたに代わって信頼できる通信制高校も調べておきました。
資料請求は完全無料ですのでご安心下さい。